2015年11月9日月曜日

2015年宮崎の旅(1)

11月7日(土)曇り。

2015年・秋。恒例、宮崎の旅の始まり。

出発を午前7時と決めて、出発前夜に目覚ましをAM6時にセットした。
ところが、真夜中の3時に目が覚めてゴソゴソ、カミさんも同じくゴソゴソやりだした。
眠れんな~!
っと、云うことで午前4時45きっちりに家を出た。行楽シーズンの土曜日のこと、
あっちこっちで渋滞が予想されるし、一石二鳥~の目論見もあり。
と、ところが、やっぱり渋滞ありました。吹田あたりと宝塚あたり。ロスタイムは
推定30分くらいかと。

トイレ休憩一回の後、行程の中間地点・安芸の宮島SAに午前10時45分着。
ここまでで丁度5時間。
ちょっと早いけど、昼食タイム。カキフライ丼は、もちろん熱々だった。
それから約2時間で 山口県を縦断すると本州とお別れ、ここを渡ると九州だ~っ!
(関門橋を午後0時56分に通過)
福岡県・古賀SAでトイレ休憩。
 GAS残量目盛り3つを残し、給油。136円/L・・だった。

ところで、
宮崎の到着時刻は画像の通り、午後4時45分丁度。
ピッタリになるように意図した分けでもなく、所要時間は12時間であった。
早く出た分、明るい内の到着となった。
風呂に浸かり、夕飯を食べ、即時爆睡と相成った。

11月8日(日)曇り。

一夜明けた宮崎の朝。予報は雨模様となっていたものの雲間から
太陽が覗き、気温も11月とは思えないほどの上天気。

徒歩5分、近くの森林組合でイベントがあり見物に出かけたが・・
名古屋仕様の長袖下着とモモヒキはバージョン不適合なれど、今となっては変更不可。
 受付で登録をチェックしてもらい・・
広々とした会場は既にかなりの人出が・・ 
 山菜ご飯、猪汁、シイタケの炭火焼など、無料で振舞われる準備が進んでいた。
何でも、600名分の調理をするとのこと。裏方さんも大変です。
木材に関するいろいろな体験コーナーがあった。
箸を作るコーナー。
NHKや地元TVなど、3局のクルーが取材に来ていた。
 子どもたちが、木製のペン立てに思い思いの絵を描いていた。
 ここは縁台や椅子の製作コーナー。
 杉板で作る大きな縁台は、無料でお持ち帰りできる人気コーナーだった。
整理券を貰って自ら組み立てる。
こんなデッカイ縁台を運ぶのは大変。乗用車では無理なサイズ。
お預かりコーナーもあり、後で運ぶ手段を考えることになる人もいたりして。 
 薪ストーブのデモコーナーも賑わっていた。
ちょっと興味があり、五ヶ瀬町からやって来た業者にいろいろ質問した。
煙突は曲げるより、垂直が良いらしい。
アメリカ製の立派なもので、標準工事費込みで約60万円とのこと。
本日契約では、薪一年分が付いて来る~!
っと、話しを聞いただけ^^;~
 クイズコーナーもあった。
会場の周囲に大きな杉が立っている。
クイズについての説明アナウンスがあり、何でもその内の一本が切り倒されるらしい。
その杉の、
高さ(長さ)、立米(容積)、そして価格の3点を予想し投票すると云うもの。
ホイッスルが鳴り、チェーンソーの轟音・・バリバリバリ~ドーン!っと地響きが。 
 デ~ッかい杉が横たわった。
 これが投票用紙・・
一束800円の薪の販売コーナー。ここは閑散として、売れている様子なし。
 さっきの「杉クイズ」の投票締め切りが迫り、投票箱が会場を回っていた。
義弟が担当の、猪汁コーナーもそろそろ食べごろになっていた。 
 シイタケ狩りコーナーでは、美味そうなのがいっぱい・・
その頃、杉の倒木現場では職員が「管材仕様」の 計測をしていた。
ファミリーで作った縁台、腰掛それぞれ3脚を軽トラで搬送~!
 猪汁・・
山菜ご飯・・ 
 薪ストーブのコーナーでは、スパゲティや焼き芋も・・
 その時だった・・
突然、「Mさ~ん」「Sさ~ん」っと、スピーカーから覚えのある名前が呼ばれた。
なになに~!?
それは杉クイズの順位の発表だった。

表彰式で貰った2等賞(NIKONデジカメ)
そして4等賞(アイロン)もファミリーでGET~!
思いがけないラッキーサプライズに、一同顔を見合わせ大喜び。
(因みに、一等賞は薪ストーブとのことだった)
 これは薪割りマシーン。
エンジン駆動の油圧でゆっくりと確実に、バシッ!っと真っ二つになった。 
賞品や製品などの手土産をGETして・・

極めて暖かな夕方、貰ってきた縁台を中心に全員集合。
伊勢湾の海の幸、宮崎の山の幸が出会って、唐揚げ&BBQ大会が始まった。
先ず、ワタリガニに無我夢中の舌鼓。
アジのから揚げ・・ 
鹿肉(左)と猪肉(右)も・・ 
 アジの唐揚げ大好評。
100匹ほどの揚げたてアジが即刻完売となった。
鶏セセリのネギマ・・ 
鹿肉の串焼き・・ 
前の畑で採った、超新鮮野菜も・・ 
 これは山道で採集、自然の恵みのムカゴ。天ぷらで美味。
っと、宮崎の旅。
(つづく)

0 件のコメント: