2017年6月26日月曜日

ドリアン食べた

6月25日(日)曇り時々晴れ。

今回の旅に持ってきたiPhone6s(↓)ですが・・
ローミング設定を解除し、WiFiのみでの使用にした。
当然、WiFi環境限定になるが、知らない間に高額なデータ通信料を
取られてしまう心配はない。

近ごろのホテルは殆ど全てWiFiが繋がる。
いま泊まっているホテルでも、チェックインの際にカードキーと
一緒にWiFiのキーコードも知らせてくれる。
ただし、このホテルは日付が変わる度にIDとKeyを要求してくる。
 ドリアン親爺・ピーターの消息を確かめたい。
3年前、バーマ通りで出会ったドリアン好きのTAXIドライバー
Yさんを思い出し連絡を入れた。
Yさんも、ピーターの携帯番号は知らないとのこと。
されど、彼の情報網からついに逆探知成功!
と云うことで、今日AM11時にホテルでピックUPをお願いした。

きょうの朝食は福建麺(HOKIENG MEE)にした。
食はペナンにあり・・と云われている。
ペナンが旨い理由は、
食文化の豊かな福建省出身者が多いから、と聞いている。
 毎朝、観光客や地元の人で満員状態になるホーカー。
 ホテルロビーにも祝賀モードの飾りがあった。
AM11時、約束通りYさんがホテルに迎えに来てくれた。
目的地はドリアンの産地、Balik Pulauとのこと。
そこはピーターの町で、ここジョージタウンから車で
1時間半のところらしい。
ペナンのリゾート地、多くの有名ホテルが並ぶバツーフェリンギ を
通り過ぎ、山道を登りつめた辺りがドリアンの産地。
途中、道路沿いに猿がいたり、オオトカゲが横断するのも目撃した。

ピーターのドリアンは1~2週間先になるとのことで、
初ドリアンにありつくため、Yさんが知り合いの屋台に寄ってくれた。
その裏庭に(↓)こんな果物や・・
これはナツメグらしい。
 これがドリアン。
遠くの方に珍しい鈴なりがあったので、目いっぱいの望遠で撮影。
 胡椒。
まだ若いドラゴンフルーツ。
 よく見ると、大木の下にドリアンのキャッチネットが張ってあった。
これはチョコレートの原料。
 ことしは雨が多かった所為で、果物類が不作になったそうだ。
ドリアンも同様・・
いちばん旨そうなのを選んでもらった・・
あたり一面の芳しい香りに包まれながら、至福のひと時を堪能した。
これぞ「得も云われぬ甘露甘露の夢の中」
 いつもなら真っ赤で鈴なりの筈のランブータンも、青いのがパラパラ。
 釣りが大好きと云うYさんは、遠くに見える島にもよく行くとのこと。
この海は、マレー半島とペナン島の間のアンダマン海。
(昔、この沖でTAIBOWS船長と船釣りをした)
この山の中がペナンドリアンの一大産地。
その坂道を下ったところが、ピーターが住む町だった。
昼飯どき、Yさんとラクサを食べている場所に何時ものバイクで
駆けつけてくれた。
3年ぶりの再会に固い握手を交わした。
ピーターのドリアンが食べたかった「ザンネンの心境」を伝えた。
「お前さんたちのこと、いつも思っていた」
とピーターが泣きそうになった。
 76歳!
現役のドリアン屋ピーターは、今年も頗る元気。来週から又、
あのバーマ通りで頑張ると云った。
 夕方、晩飯を食べにがーニードライブの外れ、ちょっと遠くの
ガーニープラザまで足を伸ばした。
予期した通りここが又、大渋滞で大混雑の人の波。
袋を見て・・!? やっぱり青森産。
 一袋20RMほどの超高価なゴボウだった。
長芋は一本1500円ほどの計算で、又びっくり~!
 魚の頭は一キロあたり22.90RM。
 きょうの夕飯はプラザ内の吉野家に決めた。
 味はニッポン同じに感じたけど、ご飯はちょっと芯が残っている様な。
普通盛り牛丼=11.80RM。
 はなまる狐うどん(普通)9.80RM.
このお茶は1.5RM。ここでは無料じゃないんです。
明日はペナン→KLまでバス移動の日。
2017年夏_マレーシアの旅(つづく)

0 件のコメント: