2017年6月30日金曜日

ゆっくりの日

6月30日(金)曇り。

一年の半分が今日で終わり。
6月も最終日だし、このホテル滞在も今日で終わり。
最初の計画では、このホテルに3泊し今晩はクタに泊まる
筈だった。
ところが、一昨日になって急きょ計画変更。ここでもう一日
延ばすことにした。
ビーチサイドで、バリ最大の観光地区と云われるクタも魅力あり
だけど、移動するのも面倒だしインキョGG夫婦は、敢えて
静かなここが気に入った・・と云うことになる。

朝方、雨が降ったようで庭が濡れていた。
朝食を済ませると、スタッフが庭木の剪定をしていた。
 今日は何もしない「ゆっくりの日」と決めたけど、BFのあと
村の中を歩くことにした。
隣の田んぼでは、きのうに続き今日も稲の間の土をゴシゴシ引っ掻き
回す農作業をしていた。 
この位置に「キンタマーニ」がドーン!と現れる筈なんだけど、
きょうもダメそう。 
 村の入り口に立っていた。
 これはきっと「田んぼの神様」だと思う。
宮崎でも、
タヌカミサーと云われる石像が、畔道にお座りになっている。
 こんなトンボを見かけた。沖縄のSさんなら、即座に名前が分かる筈。
 BALIは火山の島。
火成岩は素朴な感じの灰色で、味わいのある建材になる。
 BALIの凧揚げは有名。
そのシーズンは6~7月がベスト、とHOTELスタッフから聞いた。
その2ヶ月は風がよく吹き、凧揚げに最高の時季。
各地で凧揚げ大会もあるとのこと。

ちょっと空を見上げると、10個ほども見つける事がある。
きょうの散歩中、その一つの現場?を発見。
糸を触らせてもらうと、結構な引きだった。うう~ん!チヌに
換算すると40センチ前後かな~!?
空に居たときは小さく見えたけど、地上に戻ったらデカかった。 
ビニール袋を利用した子供たちの手作り。
周りに生えている雑草を、尻ッポにつけて飛ばそうよ~っと、 
こんな提案を(↓)持ちかけたら、即刻却下された。
沿道にレストラン(村のメシ屋)があったので、
ローカルランチを注文した。 
 ナシプティに、何やら色々トッピングしてくれた。
スープは鶏肉らしい具入り。結構いい味で完食だった。
ミネラルウオーター一本とランチ2名分で、お代は
55000IDR(インドネシアルピア)だった。
0を2個取って0.9をかけると・・さてその答えは凡そ495円。
 足元に、こんなんが(↓)ピヨピヨ鳴きながら寄ってきた。 
 メシ屋の子供たち。
ど派手なオモチャを抱えていて「ガルーダ?」と
何回も問いかけたけど返事ナシ。隣のお客さんがYES!と。
ガルーダは、
仏を背中に乗せて世界を飛び回る神と云われている。
小さいけど立派な民族楽器(禅宗とそっくり)を
両手で打ち鳴らし、伝統芝居の様な遊びをするのでは・・!?
と、勝手に妄想を巡らした。 
 猫を見ると撮りたくなる。 
 何故か水路に落ちていた、
ジャックフルーツ。見上げたそこの大樹にも実がついていた。
部屋から眺める緑豊かな庭園。きょうで見納め。
外で食べていた夕食を、最後の夜につきHOTELで頂いた。
BFと同じ場所をディナーに使っている。
壁にはお馴染のCicak(チチャ)がいた。夜になると現れて害虫を
駆除してくれるので、人間さまは大変助かっている。
 メニューの中から最初にチョイスしたのは、やっぱりトムヤムクン。
生きのいいプリプリの海老。これが大当たり!激うまだった。
 レモンの香りがした水。
夜のオープンスペースのレストランのこと、虫が飛び込まない
ようにお洒落な蓋がしてあった。
 メインプレートは、
①鯛とバリ野菜のバナナの葉っぱ包み蒸し。
②グリル地鶏とバリ風マリネペースト&バリ野菜。
何れも白いご飯つき。
(英語の長~いメニューなので上記簡略化)
 ご飯は竹籠で出てきて、好きなだけ食べられる。
 スナッパー(鯛類)とバリ野菜のバナナの葉っぱ包み蒸し。
 民族衣装の女の子が、水を注ぎにきて分かった。
サーバーの中に、ライムとキャロットの串刺しが入っていた。
 7時~8時PMまでの一時間、ほかのお客は遂に誰も来なかった。
な~んか、悲しいような嬉しいような・・
バリ最後の夜だった。
(夜の庭園は半暗闇に包まれる)
明日、11時AMに空港まで送って貰うようフロントに頼んだ。
午後のフライトで、DPS→JOGへ。
フェリーと路線バスの手もあるけど、やっぱり「歳」とったかな!?
2017年夏_インドネシアの旅(つづく)

0 件のコメント: