2017年6月24日土曜日

3年ぶりのPenangへ

6月24日(金)曇り時々晴れ

昨夜、PM11時にチェックインしたEver Green Laurelからの眺め。
この部屋は南側のシティービュー。いま太陽は北の空にあるので見えない。
 いつも気になっていたヘイズ(焼き畑の煙)もなく、ペナンヒルもスッキリ。
 十数年前に、TAIBOWS船長夫妻とペナンで合流した。
その際、夫妻の宿泊ホテルがこのエバーグリーンだったのです。
あの時はシービューだったので、今回よりお値段ちょっと高かったかも。 
 朝食はホテルから2軒目にあった肉骨茶。
「朝」と云っても、9時半にルームキーパーに起こされてからだったので、遅い朝食。
ホテル前はガーニードライブと云われる海岸通り。
お世辞にもキレイと云えない海。いま海岸に沿って埋め立工事進行中。
 工事用防護柵の向こう側で、重機が動きまわっていた。
埋め立てが終わったら、ホテルやコンドミニアムが又々立ち並ぶのか。
(後で聞いた話では、埋め立て地は公園になるらしい)
 と、海岸に接する場所でもコンドの工事が最終段階だった(1)
 その(2)
 バーマ寺院の前を通り、ドリアン親爺のピーターを3年ぶりに驚かせようと向かった。
 その算段が崩れてしまった、ここ(↓)にいる筈の彼がいない。
 そのまま、今度はIMさんのところへ向かった。きょうは涼しかったので、散歩ついでの長歩きも苦にならなかった。
 バーマ通りを外れ、懐かしい道を辿っていくと草むらだった空き地に仏教施設が建っていた。
ここのガードマンと色々話していると、中から現れた女性が「中でお茶でも・・!?」っと。
但し、(信心深くないないので)お断りさせて頂いた。
 その斜め前が、以前毎年泊まっていたコンドミニアム。
どうなってるかな~!?っと、やっぱり気になって・・。
その通りにあった、柿の原種みたいな実。だけど多分違うと思う。 
 賑やかなマカリスター通りにでた。
ここでビックリは、あの高低差の激しかった凸凹歩道がバリアフリーになっていた。
しばらく行くと「あったー!!」
その親爺さんに「今は食べないけど」と断った上で、猫山王=ムサンキングの値段を尋ねた。
1キロ45リンギとのこと、流石キングだ。赤シャツのお兄ちゃんが
通訳してくれた。
プランギンモールのGフロアーにあるIMさんが務めるチケット売り場へ。
「あれれ!?」そこでも無念の空振りか~!IMさんが居ない!
ボスと目が合ったとたん、直ちに「IMさん2時PM」と教えてくれた。
勤務シフトでよくあるパターン。で、腹ごしらえにモールの中へ。
SUBWAYのハンバーグとドリンクセット(11RM)で満腹。
 やっぱりここでも、断食明けのセール中。
ホールの眺めは極めてザンネン!中国&韓国のメーカーばっかり。
3年前、唯一つあったソニーエリクソンは無くなっていた。
洋服屋もバーゲン中~70%OFF! 
IMさんはPM8時半が仕事あけ・・で、
それから一緒にシーフードレストランで食事の約束をした。
朝食はあるけど、夕食を一緒にするのは初めて。
オリエンタルシーフードと云う地元ではちょっと知られたレストラン
だったけど、名前が変わってリニューアルされていた。
IMさんは仕事柄からマレー語、福建語、英語を話す。
注文は彼女にお任せ・・ただしシルバーさんにつき沢山は食べられ
ないので「ほどほどに」と云うことで。
ほうれん草と何とかのスープ。
大海老の唐揚げ・・
メニューを書きとめておいたCrab Fride with salted egg yolk。
衣の塩味卵黄が絶妙に美味だった。
調理前の蟹くん。
沖縄のマングローブ蟹とそっくりで、店員に名前を聞いたら
Meat Crabだとか・・!?なんて事はない「肉蟹」じゃないの~!?
蟹を食べだすと夢中になって「無口」になる。
テーブルは甲羅の殻でグチャグチャ。
食べたあとはニッコリ笑って「うまかった~!」
その夜、ホテルの窓から見えたのは打ち上げ花火。
あっちにもこっちにも、9Fからは遠くまで見える。おもちゃ花火
ながら、けっこう本格的なものも。そのお祭り騒ぎは深夜まで続いた。

そして、
ドリアン親爺のピーターとは、明日再会できるかも知れない。
只今、八方手を尽くして彼の所在を探索中。
2,017年夏_マレーシアの旅(つづく)


6月23日(金)曇り時々晴れ。

KlangからPenangへ6時間のバス移動の筈だった。

Gさん家からクランのバスターミナルまで送って頂いた。
途中、青いテントが目に映った。これもラマダン明けセールの準備。  
PM2時発のバスがなかなか現れない。マレーの時刻表には随分慣らされてきた。やってきたのは結局30分遅れだったけど、これ普通と思う。
高速道に入ると、断続的に渋滞があった。KLからペナン方面で、つまり日本流に云うと下り線。
上りKL方面はガラガラ。
前も後ろも渋滞の列がつづく。
トイレ休憩のSAに設置の臨時トイレ。この期間専用かどうか不明なれど、準備は万端。
バスはトイレに近づけず、遠くの方。
沖縄・本部半島の光景を思わせる、IPOHの採石場。
ここもやっぱり年々その山容が激変中。
そのIPOHに、以前より広々としたバスターミナルが新設されていた。
終点のBUTTERWORTHに着いたのが一時間半遅れのPM9時半。
フェリーはPM10時、出港。
夜、フェリーに乗ったのは初めてだった。20分間だけど、 
夜景見物が楽しめた。
PM11時チェックイン。
腹が減っては寝つきが悪い・・と、ホテルの隣のホーカーへ。
 殆んどお客のいなくなった店で、なんとか夜食にありついた。
2,017年夏_マレーシアの旅(つづく)

0 件のコメント: