2018年6月13日水曜日

大潮にのみ出現

6月13日(水)曇り。

名嘉真集落の夜明け。
名古屋にいるときは、午前8時の朝ドラが目覚まし。
と、云うのが普通のパターン。
ここ恩納村では、
タイワンシロガシラや、リュウキュウウグイス等の
鳴き声で目が覚める贅沢を味わっている。
 今朝も、午前5時半頃に起き上がり。
従って、いつも夜10時くらいには睡魔に襲われる。
と、至って健康的に過ごしている。
きょうは大潮。
幻の大陸、八重干瀬(やびし)ならぬ、名嘉真干瀬(?)へ
行こうか~っと、オヤジさんが誘ってくれた。
PM1時が最干潮 。
その前に、折角のことと竿を出す^^~
ベラや・・
 オジサンのダブルや・・
キレイな熱帯魚なども、釣れたりして。
名嘉真干瀬(勝手に命名) が姿を現してきた。
そこはビーチから400mほど、リーフと外海との境界に
あたる場所で、大潮の干潮にだけ姿を現す。
リーフ内でも、更に浅い特別な浅瀬だ。
名嘉真干瀬に上陸~!
最初に目に飛び込んできたのは、お決まりのコレ!
無数のナマコ、しかも黒ばっかり。
 シャコガイ。
サンゴ礁の岩にきっちり嵌まり込んで生息している。
太陽光が当たると、エメラルドグリーンに見えた。
ノウサンゴ。
NOではなく、脳珊瑚。
 いろんな珊瑚が生息している。
岩の隙間にいたのは、ムラサキウニ。 
水溜りに取り残された、コバルトスズメ。 
前方に見えるのは、名嘉真集落。 
 こんなヒトデもよく見かける。
珊瑚を撮っている、オヤジさんを撮った。 
 干潮時に戻ったので、舟の陸揚げがタイヘン!
と云うことで、夕方の満潮まで浮かべて置くことに決定。
きょうの潮位差は2m弱につき、潮が上がれば労力は半減する。
更に、
陸揚げの前に、夜釣りに行こう~!即決だった^^~
 ちょいの間の釣果。
追伸:
夜の部はPM6時出漁。オヤジさんはハリス8号~!
大物仕掛けで意気揚々~餌はサンマの切り身でタマンを狙う。
で、結果は昼間と同じ、オヤビッチャ。
曇り空にて、満天の星は望めずザンネン。
しかし、夕闇の海は涼しかった。
2018年夏の旅(つづく)

2 件のコメント:

のんクマ さんのコメント...

沖縄ももう少し・・・
満喫してください!!

この後はバンコク?

ikkyu さんのコメント...

沖縄はあと一週間になってしまった。
21日夜行便で那覇からバンコクへ。5泊して市内をふらふら~!4回目なんで見るところ探すのが
面倒かも。で、なんか美味いもんの探索でもするかな~。
次に空路でペナン島のジョージタウンへ。ここはドリアンを食べるためです。ホテルは3000円(2名で)を
予約出来ました。ペナンに4泊後、6月30日、列車でクアラルンプールへ移動。そこから如何しようか
考えた末、7月2日のAirAsia関空行きが6880円だったので、思わず衝動予約入れました。名古屋には
同日深夜に到着できるかな・・と思います。
1日の行事に間に合わなくてすんません!宜しくお願いします。