2018年6月22日金曜日

深夜のバンコク着

6月21日(木)晴れ。

普通、宿のチェックアウトは午前10時ですね。
けど、バンコク行きはPM10時55分。
で、グランパの厚意に甘えて、宿で目いっぱいゆっくり
させてもらった。

え、え、え~何だ何だ~!?
きのうタイから到着したOさんが、
何処から取り出したのか、なんとツーリングバイク。
聞けば、トライアスロンに挑戦を続ける筋肉女子(母)だった。
で、今日はそのトレーニングとか。
装備完璧!あっという間に視界から消えていった。
息子たちと、午前中はビーチ遊びの後なのに、
疲れ知らずの、肝っ玉アスリートだ。
夕方、空港への途中、Nさん家に立ち寄ると
真っ赤に熟れたアダンの実。
かじってみると、ほんのり甘い。美味いとも云えない、
う~ん、微妙な味だった。
レンタカー返却。
那覇市内は大渋滞の時刻につき、TAXIを諦めて
ゆいレールで空港に向かった。
出発時刻の2時間前には、LCCターミナルに着いた。
既に長い行列が・・。」
例によってもの凄い人。
チェックインマシーンの前や、セキュリティーチェックにも。
(↓)セルフチェックインで出てきた搭乗券。
この皆さん、何してる・・?
預託荷物の重量制限に引っかかった人たちで、
人目などモノともせず、スーツケースをおっぴろげて
手荷物との再調整を実行中。
このために、
あちこちに、デジタル秤が用意されている。
那覇LCCターミナルは、
航空貨物倉庫を改装し、現在仮設にて運用中。
構造は倉庫そのもの。
隣の椅子に黒人父子がいた。
父「英語OK?」→ えーちょっとならね。
「息子が飲み物を買いたいと云ってる。で、両替お願い~」
3ドル差し出し、2ドルだけJPコインに替えて、と。
お、お~!1ドル手数料か~!?
で、きっちり300円を息子に渡してあげました。
と、オレンジジュースを手に直ぐ戻ってきた。
父、何度もサンキュー!って。ちょっといい事したような^^~
BKK (Suvarnabhumi International Airport)行きのPEACHは、
一つの空席もない満席とアナウンスがあった。
毎日一往復、凄い流れがあるものだ。
那覇から4時間半。翌、午前0時25分定刻に到着。
深夜の空港は人で溢れていた。
イミグレまで延々と、行けども行けども遠い遠~い。
動く歩道で助かった。
着陸から出口まで1時間もかかった。
ホテルの部屋に辿り着いたのは、午前2時を回っていた。
JSTでは午前4時ですよ、シルバー夫婦には
ちょっと過酷な移動日でありました。
(即刻爆睡)
2,018年夏の旅(つづく)

2 件のコメント:

のんクマ さんのコメント...

無事でバンコク到着、一安心ですね!!
しかしながら、いつも思いますがikkyu殿の行動力には脱帽致します。
・・・お気をつけて!!

ikkyu さんのコメント...

>のんクマさん、どもどもデス。
ま~とに角、後期高齢者夫婦がするような旅ではないことは確かかもね。
しかし、本人は何時も通りの日常茶飯事と同じ気分なんですけどね(^^;~
帰国までもうちょっと、引きつづきの応援よろしく願います。