2018年6月29日金曜日

電車のチケット買ってきた。

6月28日(木)曇り。

インターネットクセスは、HOTELのルーターを
再起動して貰ったら即、繋がった。
けど、突然また繋がらず。
MT(マレーシアテレコム)は親方が政府だから
中々改善されない、昔から。

明後日、KLへ移動するんでETS KTMチケット購入してきた。
徒歩とTAXIとフェリーを乗り継いで。
こんな緑の大樹が。
最近のマレーシアの、いいところを一つ紹介。
まだまだ一部だけど、バリアフリーに心がけている面がある。
ここは前、25センチ位の段差で凸凹していた場所。
足元に注意しないとズッコケる羽目になったもの。
すっかりキレイになっていた。
ローカルフードを食べている分には、金が掛からない。
食べたいとき、いつでもどこでも食べられる。
以前、ブログで紹介したけど、もう一度。
バターワースとペナン島を結ぶフェリーですが、
行きは無料なんですね。
反対方向(バターワースからペナン)は、1.2RM≒40円。
これも市内循環バスと同料金。
しかも、港から駅まで無料シャトルバスで送迎してくれる。
島への往復チケットは必要なし。
最初から往復料金を取る。合理的な徴収方法と思う。
20分毎の出航で、やく20分で対岸に着く。
観光客や地元民の通勤の足として使われている。
往復で料金取らんでも、入ったまま出ない人って、稀だと思う。
セントレアの接続橋、
日間賀島のフェリーも見習うべし。
無理と思うけど、一応。
海は穏やかだった。長さ10km、新旧のペナン大橋が
2本も架かっているけど、圧倒的人気がフェリー。
ペナン島の対岸にある、バターワース駅。
ETS KTMの電車が駅に停まっていた。
チケットオフィス。
一人79RM、バスに比べて倍以上高かった。
マレー半島列車の旅。
一度してみたかったけど、やっと実現。
ピストン航行のフェリーとすれ違い。
退社時刻だったので、超満員。特にバイクが多い。
ドリアン兄ちゃんの、夜の営業に出かけた。
きょうのビジネスはサッパリ!との事で、喜んだ。
勧められたのが、小振りだけど実が詰まっていた。
品種は山猫(Mountain Cat)
特上品の猫山王に似ているけど、別モノとのこと。
樹齢70年以上の
老木になったもので、木が古いほど美味いらしい。
うまかったけど食べ過ぎた。
腹の調子が可笑しくなったので、きょうはパス。
こんなこと、今までなかった。歳だな~!
2018年夏の旅(つづく)

0 件のコメント: