2018年6月5日火曜日

入道雲出現す

6月5日(火)晴れ。

この雲を見ると、やっぱり梅雨明けかな~!?
その代わり、
日本列島では、中部~関東あたりも愈々梅雨入り宣言が
出そうな気配になってきた。

まだ力強さがイマイチだけど、紛れもなく雲の峰。
とても暑い。
こうなると、やっぱり出歩くことを躊躇してしまう。
 宿のオヤジさんが、那覇で買ってきたよ~っと
チマキを差し入れてくれた。
米と鶏肉などの具を、月桃の葉で包み蒸したもの。
取り敢えず、冷蔵庫にしまい明日のランチで頂こうかな、と。
 きょうは一日、部屋でごそごそしていたら
万歩計はたったの157歩だけ。
それでは、、っと、夕方になってから歩数稼ぎに外へ出た。
名嘉真川に沿って上流へ向かうと、美味そうな
木の実が道端に落ちていた。
これは、オキナワキョウチクトウの実で、
マンゴウか、パッションフルーツか~!?と、見間違うほど。
だけど、毒があり触ることも止めたほうがいい。
 これがその木。いま、真っ白で可憐な花が咲いている。
散策の細道に、張り出すように島バナナの大きな房。
こっちは超美味!完熟は甘く、もっちもち。
 パイナップルの畑は、まだ実が昇っていなかった。
 え、え、え~!これ、紛れもなく萩じゃないかな~!?
まだ、これから夏本番ですよ。
 萩の坂道を登った丘の上に、名嘉真地区多目的施設がある。
文字通り、地区の皆さんが様々な目的で使用する。
夕日がキレイですよ、前にAさん家で伺っていた。
名嘉真の家並みを一望し、やっぱり夕日が美しかった。
 丘を下り、もと来た道を戻ると名嘉真橋の向こうが
真っ赤に燃えていた。
いつもはビーチから見る夕日、これは国道の手前から。
何処から見てもキレイは変わりませんね。
宿まであと僅か・・歩道上に車が15台ほど止まっていた。
邪魔じゃないからイイサ~のウチナー流。
イイね・・!!
2018年夏の旅(つづく)

0 件のコメント: