2016年6月4日土曜日

名護城公園→海洋博記念公園→再び名護城公園

6月4日(土)晴れ。

きょうは楽しくも大変忙しい一日であった。
朝9時に名護城公園の天上駐車場に集合し、公園主催の「夏の自然観察会」に
参加させていただいた。。

講師のS先生以外は、皆さんお初にお目にかかる方ばかり。
されど、
挨拶を交わしたとたん、なんだか旧知の心もち。これも、自然を愛でる仲間として
相通ずる何かがあるのかな、と。
いよいよ出発!
直後、参加者一同S先生の説明に聞き入った。これは「エダウチヤガラ」です。
絶滅危惧種で滅多に見ることがない蘭。その大株が地味ながら見事な花をつけていた。
「皆さん、今日はいきなりの幸運に恵まれましたね」と、S先生。
 ニホントビナナフシ。
雌雄が同じ葉に止まっていた。繁殖の準備かも。
ゆっくり行動するナナフシですが、この種は飛び跳ねるとのこと。路傍の目に付きやすい
場所で、いとも簡単に珍しい昆虫に出会える。
 ヤンバルセンニンソウ。
蔓性植物で、展望台など高い位置からヤンバルの原生林を眺めると、
イタジイの樹間にこの白い花が目立つ。
小さな花ながら、かたまって咲くので遠くからもわかる。クレマチス(テッセン)の原種とも。
 S先生の講義は、ときどき冗談が混入する・・で、いつの間にか話に引き込まれている。
クチナシの実を手に、話題の花が咲く。
この実に小さな穴があると、イワカワシジミの幼虫が棲んでいる。
チョウの幼虫が食べるのみならず、人間さまの役にも立つ。
古来、黄色の染料になり、黄色の食紅としても使われてきた。
公園内には、散策路が縦横に整備されている。
これら開けた場所は、昆虫たちの好む空間でもあり「蝶の道」と云われているとのこと。
事実、この日も無数の蝶やトンボが飛び交っていた。
リュウキュウギンヤンマ、オキナワカラスアゲハ、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、
ナガサキアゲハ、ヤマトシジミなどシジミチョウ類多数、等。
メモが取り切れないほど目撃した。更に、動きが素早く撮影もできず。
コバノヒメハギ。
アメリカ原産の外来種で、その根の匂いが沖縄独特のA&W・ROOT BEER にそっくり。
実際に嗅いでみて、そのものズバリと思った。ただし、そっくりだけど全く別物らしい。
蝶の道を人間も歩かせてもらった。あっと云う間の2時間が過ぎていた。
害虫の誘殺剤がセットされていた。
ウリミバエやミカンコミバエなど、柑橘類に害を及ぼす虫に限って駆除するとのこと。
公園の入り口にある、稲作の試験圃場の生育状況。観察会の前に撮影したもの。
観察会の後、名護の海岸にあるFLIPPERでランチタイム。
どうもステーキが看板メニューのようだったけど、注文したのは幕ノ内(沖縄風)

ランチの後、海洋博記念公園へ。
途中、コンビニで買った割引チケット。1850円が1600円で手に入る。
美ら海水族館→熱帯ドリーム園を??十年ぶりに巡ってきた。
何といっても、世界最大級の巨大水槽で、悠然と泳ぐジンベイザメは圧巻だった。
美ら海水族館の全ては“これにあり”・・ですね。YouTubeは、大きめのサイズで設定してみた。
(沖縄・美ら海水族館=再生時間:3分02秒 by inkyoGG)
水槽のアクリルは厚さ60cmとのこと。スタッフがゴシゴシ磨いているのを見ることができた。
 イルカショーに移動。陽射しのあたらない席に座ったつもりだった・・けど、
待っている間に太陽が移動。直射日光を浴びる羽目になった。
地球が動いているのを計算しなかった、ちょっとした凡ミス^^;~
 イルカたちの健気(けなげ)な芸に、歓声と拍手が沸いた。ただ、近隣国の言語多し。
水族館エリアから、熱帯ドリーム館へ。灼熱の太陽を遮る木陰が涼しい。
 先ず、蘭類の大量展示に圧倒される。
・・と、こんなシーサーがホッとさせてくれる。
豪華な蘭より、何故かこんな(変)な花に目が留まるクセがある。
これはアルストロキア ギガンティア。
「世界で最も醜い植物」で10位にランキングされているとのこと。
 これはお馴染み、美味そうなマンゴー。マレー語はマンガ。
 チョコレートの原材料。
 沖縄の路地でも栽培されている、ピタンガ。ブラジル原産で極めて栄養価の高い植物。
 これは、あのDURIAN=ドリアン。
隠居ジジィHPのドメインにもなっている果物の王。DURIはマレー語で「棘」のこと。
この樹は、ここで現在試験栽培されている。
ドリアンは、沖縄各地で挑戦が続いているそうだが、結実には至っていないようだ。

 標準コース(↑)と短縮コース(←)の分かれ道。左に曲がるを選択した^^;~
 ジェイドバイン(ヒスイカズラ)が咲いていた。
名の如く、宝石のような色合い。東南植物楽園で最初に出会い感激した思い出がある。
 再びメインエントランス広場へ戻ってきた。
猛烈な暑さを楽しむように、子供たちが太陽と噴水を浴びて大騒ぎしていた。

新月の闇夜、灯火昆虫採集の会。
海洋博記念公園を後にして、きょう最後のイベントを見学のため、再び名護城公園へ。
途中、スーパーサンエーに立ち寄り夕食を購入。
PM6時半、天井駐車場にネコが一匹、気持ちよさそうに眠っていた。

夕食をとるため展望台に上った。もちろん、東シナ海に沈む夕日を眺めるためでもある。
昆虫同好会のメンバーが用意していた発電機。
採集用の灯火トラップのセッティングが完了。蛍光灯とブラックライトも点灯された。
三々五々、虫の会のメンバーがやって来たとき、何と発電機にハプニング発生。
発電機が突然停止。その後、手を尽くすも再び動くことはなかった。
かくして、新月の昆虫採集の行方や如何に・・!?
急遽、ふもとのGSスタンドに発電機を持ち込むことになった。
同時に、我々は今夜の幸運を祈りつつ(残念だけど)帰途についた。
翌日、しょうちゃんにその後の模様を聞いた。発電機は結局修理出来ず。
で、車のヘッドライトを照射して採集続行。
しかも、充分な成果があったとのこと。さすが虫仲間・・その柔軟な対応に頭がさがった。
2016年夏/沖縄の旅。
(つづく)

0 件のコメント: